MENU

人間ドックの費用相場はどのくらい?

調子が悪くなった時に病院に行くときの費用は国で定めた一律の料金があります。どんな名医に治療してもらっても、新人医師に扱われても同じ料金です(不思議ですが・・・)しかし、人間ドックの場合は保険の適用もない自発的なものなので、病院側も自由に料金を設定してよいことになっています。

 

それで、日本全国・各施設で同じ検査でも費用にはバラツキがあります。コースも数千円で終わる検査項目から数十万円かかるエグゼクティブなお泊りコースまでさまざま。だいたいの人間ドックの相場をしっておかないと、予算を決めることも施設を選ぶこともできません。

 

それでこのカテゴリーでは人間ドックにかかる費用の相場を解説します。このページでは一般的な人間ドックの価格を掲載します。日本人間ドック健診協会の発表でだいたいの費用の相場がわかります。

 

通常の1日ドックの全国平均は・・・

 

人間ドックの費用相場 

 

脳ドックの平均相場費用は・・・

 

脳ドックの費用相場 

 

肺ドックの平均相場費用は・・・

 

肺ドックの費用相場 

人間ドックの質は落とさず、価格は安くする方法はある?

人間ドックは価格を下げるために、安価な検査機関に血液や便の解析を依頼してしまっている医療機関もあります。そのため、なんでも安いところが良いわけではありません。でも検査の質は落とさずにできるだけかかる費用は抑えたいのが本音・・・3つの考え方をすると節約につながります。

 

スクリーニングの考えを持つ

スクリーニングとはふるいわけ、適格審査。の意味があります。一回の検査で全てのことを細かくチェックするのではなく、全体的にチェックしてもし悪い兆しが見つかったら、そこに的を絞って後日検査を追加する考えを持ちましょう。本サイト別ページでその考え方で選ぶお勧めコースを掲載しますので参考にしてください。

 

不安が少しでも具現化していれば外来へ

「あれも心配だからこの検査を・・・あんな症状もあったからこれもやっておかないといけない??」なんて考えていくとどんどん検査項目と費用がかさんでいきます。

 

もしその不安が本当に「症状」として表れているならば、普通に外来で病院に行きましょう。3割などの少ない負担で同じ検査をしてもらえます。人間ドックは自覚症状で悪い所がない人がいく精密検査です。

 

お得なサイトを利用して割引き受診をうける

人間ドックは保険のきかないものなので自由診療の部類のものです。それでネットで人間ドックを積極的に行っている施設がまとめて比較できるサイトが最近では登場しています。このサイトを利用すれば直に病院で予約するよりもずっと安く、人間ドックをうけることができます。